3日間のノートレ期間で学んだこと

2021年6月30日(水)の株式市況と3日間のノートレ期間で学んだことをまとめてみたいと思います。

Twitterもやってます!

デイトレーダーのしょうです。

ザラ場中に株情報や自分のトレードのことツイートしていますので、よければフォローをお願いします!

@daytrader_SYOU

スポンサーリンク

今日の株式市況

各指数(終値) ※ 海外指数は前日終値

スマホなどで表が全て表示されてない場合は横にスクロールしてください!

日経平均 28791.53 ▼0.07% -21.08 6/30
TOPIX 1943.57 ▼0.30% -5.91 6/30
マザーズ 1207.46 ▲0.16% +1.92 6/30
ジャスダック 187.63 ▲0.27% +0.50 6/30
JPX日経400 17508.84 ▼0.36% -63.52 6/30
東証リート 2150.73 ▼0.52% -11.17 6/30
NYダウ 34292.29 ▲0.03% +9.02 6/29
NASDAQ 14528.33 ▲0.19% +27.83 6/29
S&P500 4291.80 ▲0.03% +1.19 6/29
VIX恐怖指数 16.02 ▲1.65% +0.26 6/29
ラッセル2000 2308.84 ▼0.58% -13.50 6/29
SOX指数 3348.86 ▲0.77% +25.72 6/29
バルチック指数 3418 ▲2.83% +94 6/29

業種別指数ランキング(前日比率)

業種別指数値上がりTOP5

サービス業 ▲0.54% 2869.15
情報・通信 ▲0.45% 4914.60
ゴム製品 ▲0.31% 3614.31
その他製品 ▲0.12% 3807.13
その他金融業 ▲0.10% 678.13

業種別指数値下がりTOP5

鉄鋼 ▼0.97%
食料品 ▼0.87%
精密機器 ▼0.87%
電気・ガス業 ▼0.87%
空運業 ▼0.85%

S高・S安銘柄

今日のストップ高銘柄

LINK&M 780円 ▲13.54%
ラオックス 230円 ▲27.07%

今日のストップ安銘柄

WT天然ガス 1円 0%

6月の収支報告

今月の収支(2021年6月)

 

6月の収支はー150473円です💦

はい、ボロボロですね。
言い訳のしようがありません。

今年も半分終わってしまったので、明日からの後半戦は1円でもいいから勝つことを目標にコツコツトレードで出直したいと思います。

3日間のノートレ期間で学んだこと

あまりに負け続けていたこと、Rょーへーさんから「3日間デイトレ休んでみては!?」というアドバイスをもらったので、6月28日~6月30日までデイトレをお休みしていました。

結論から言えば「休んで良かった」と実感しています。

私のように負け続けて悩んでいるデイトレーダーの方もいると思いますので、「この3日間で何を感じ、何を学んだか」についてまとめてみました。

休むも相場の大切さを実感

ご存じの通り、私は今年の大発会から専業になり、この半年間で100万円超の勉強代を払っています。

他に収入源がないので口座残高の金額がどんどん減り、家計簿として使っているマネーフォワードに恐怖でログインすることができなくなっていました…

そのような中で3日間ノートレにする前は、「休んだら取り返せない…」と迷いがあったもの事実です。

ただ、エントリーしなければ「負けることはない」ので、金銭的なプレッシャーから解放された状態で相場を監視することで「普段は気が付かないこと」に気付けました。

そりゃあ、そうですよね。

エントリーしていると「上がれ~!」とか「何で下げてんだよ!!」とか、負けてると「この負けを取り戻さなきゃ!」みたいなことしか考えられなくなっちゃうので(笑)

ですから、今後は休みを上手に使いながら相場と向き合っていこうと思っています。

見ているようで、全然見ていなかった

昨日、こんなツイートをしました。

専業に成りたてのときよりマシにはなりましたが、未だに負け続けているので「何でなんだろう…」と思っていたのですが、その原因のひとつに「見ているようで見ていなかった(見えていなかった)」というのがあると気が付きました。

「観る・見る・視る・診る」

どのレベルで相場と対峙しているかを考え直すいい機会でしたね。

振り返ってみると、専業に成りたての頃はモバイルノート1台でデイトレしていたので、1度に監視できる銘柄は6個が限界だったんです。

それがモニターが1枚増えて監視銘柄が10銘柄になり、Giwaさんのライブ配信を聞くようになって「バイン」「ガラ」などの銘柄情報が耳から入ってくるようになり、Twitterで材料系の通知を見るようになり、モニターを2枚にして監視銘柄が30に銘柄になり…

いろいろな情報を得るのが悪いことだとは思いませんが、いろいろ目移りしてしまっていた感は否めません。

ですから、自分が「これだ!」と思ったら、その銘柄の板・歩み値・チャートを穴が開くほど集中して勝負します!

チャンスは何度でもやってくる

専業成りたての頃に比べてJC(ジャンピングキャッチ)してしまう回数は減りましたが、それでも全く無くすことが出来ないのは「ここで行かないと儲け損ねる」という機会損失への焦りがあるから。

ただ、3日間相場を監視していたら、「チャンスなんていくらでもあるんだな~」って実感したんですよね。(今更ですが…)

前のめりでデイトレしているときは、「このチャンスを逃したら次は無い」くらいの切羽詰まった気持ちだったですが、エントリーせずに相場を見ているとあちこちで「バイン」や「ガラ」が起きるわけで。

もちろん、全然チャンスがないような地合いの日もあるかもしれませんが、チャンスじゃないときにエントリーするのはやめようと本気で思いました。

エントリーしないことの難しさ

エントリーしないことが本当に難しいことにも気が付きました。

今回は「3日間ノートレ」と決めていましたが、それでもチャートを見てると思わずマウスを握ってクリックしたくなる衝動に何度も襲われましたからね(笑)

自分が思っている以上のポジポジ病だったんだと驚きました。

専業の場合は他に収入源がないので、「稼がなきゃ!」という焦りが余計なエントリーを増やしてしまっていたのでしょう。

これを認識できただけでも、3日間ノートレして良かったです。

値動きがあるところ、行き過ぎたところだけで勝負する

これまでの私は「5日移動平均線が…」とか「VWAPが…」とか、「ボリバンの2αにタッチしたから」などをエントリーやイグジットの判断基準にしていましたが、「え!?そっちに動くの!?!?」と何度も騙されてきました。

もちろん、移動平均線などのインジケーターが全く参考にならないとは思いませんが、時間軸が短いデイトレは需給で動くので5分足はどうしても騙しがありますからね。

ですから、「出来高と板の動きなどを見て明らかに動いているところ」とか「超絶ガラなどの行き過ぎたときの反発」など、誰が見てもチャンスというところを狙うようにします。

コツコツスキャルピングに徹する

この3日間、監視しているときに「自分のエントリーポイント」を意識していたのですが、自分の思った方に動かないことが多かったですし、動いたとしても大きく値幅が取れるような動きではなかったことが多かったんですよね。

実際、「もっと値幅を取らないと稼げない」という気持ちから、最近は時間軸が長くしていましたが結果がついてきていなかったんです…

今回、3日監視してみて「今の自分には時間軸の長いトレードは無理」と確信しましたので、コツコツスキャルピングのみに徹することに決めました。

1ティックとか2ティックなら、上か下かの予測の難易度が下がりますからね。

ギャンブル要素の一切を排除する

「朝の寄り付きは飛び乗って値幅を取る!」「IPO銘柄の初動に乗る!」

上手くいけば爆益ですが、失敗すると取り戻すためのトレードになってしまいますので、「寄り付き直後の1本目のローソク足には飛び乗らない」「IPO銘柄はある程度値動きが落ち着いてから」など、ギャンブル要素を排除することにしました。

ギャンブルトレードで勝ったときはアドレナリン全開の興奮状態を味わえますが、負けたときのメンタルの削られ方は半端ないので。

監視銘柄を固定する

これまでは、「監視する銘柄数が多ければ多いほどチャンスが増える!」と思っていましたが、私の場合は銘柄数が多すぎると集中力が散漫になることに気が付きました。

ですから、今後は常時監視銘柄を30銘柄に絞り、「監視銘柄が全く動かない」というようなことでもない限り、他の銘柄を気にするのはやめることにします。

7月からの後半戦頑張るぞ

たった3日間のノートレ期間でしたが、いろいろと気付きがありました。

だからといって勝てるようになるかどうかは別なのが相場だと思っていますので、「まずは勝つこと」を最優先してデイトレに臨みたいと思っています。

 

いつもブログを読んでくれている方には感謝しかありません。

少しでも参考になる記事を書くためにも、7月からの後半戦を頑張りたいと思います。

 

みなさん、6月度おつかれさまでした。
m(_ _)m

 

※ 投資は自己責任です。当ブログに書いてある情報によって生じたあらゆる損害に対して責任は取れませんでご了承ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

おすすめの記事