週初めから36765円の爆損&9月度マイ転&超絶ハプニングと今日は最悪なデイトレ

2021年9月13日(月)の株式市況と今日のデイトレの結果です。

やっちまいました💦
36765円の爆損💦💦

これまでコツコツというかチビチビ積み上げてきたプラスを全部吐き出すどころか、今日の負けで9月度マイ転です。

今月の収支(マイ転) 2021-09-13 153846

【画像】松井証券

あと、大引け間際に「少しでも取り返したい」ということで広済堂でスキャをしていたのですが、完全に時間を忘れて200株持ち越してしまったんです。

現引きや時間外取引の経験がないのでパニック💦

本当に週初めから大変なことになってしまいました…

Twitterもやってます!

デイトレーダーのしょうです。

株情報や自分のトレードのこと等をツイートしていますので、よければフォローをお願いします!

@daytrader_SYOU

スポンサーリンク

今日の株式市況

各指数(終値) ※ 海外指数は前日終値

スマホなどで表が全て表示されてない場合は横にスクロールしてください!

日経平均 30447.37 ▲0.22% +65.53 9/13
TOPIX 2097.71 ▲0.29% +6.06 9/13
マザーズ 1181.82 ▲0.34% +4.02 9/13
ジャスダック 198.49 ▼0.12% -0.24 9/13
JPX日経400 18971.14 ▲0.29% +54.80 9/13
東証リート 2122.15 ▼.018% -3.93 9/13
NYダウ 34607.72 ▼0.78% -271.66 9/10
NASDAQ 15115.49 ▼0.87% -132.81 9/10
S&P500 4458.58 ▼0.77% -34.70 9/10
VIX恐怖指数 20.95 ▲11.44% +2.15 9/10
ラッセル2000 2227.55 ▼0.96% -21.58 9/10
SOX指数 3416.66 ▲0.76% +25.82 9/10
バルチック指数 3864 ▲6.07% +221 9/10

業種別指数ランキング(前日比率)

業種別指数値上がりTOP5

鉄鋼 ▲1.56% 525.78
石油・石炭製品 ▲1.48% 1,012.52
銀行業 ▲1.07% 150.72
倉庫・運輸関連業 ▲0.97% 1,966.25
保険業 ▲0.97% 1,123.70

業種別指数値下がりTOP5

輸送用機器械 ▼1.39% 3,377.53
証券業 ▼0.69% 407.60
空運業 ▼0.63% 204.25
不動産業 ▼0.38% 1,565.26
情報・通信 ▼0.29% 5,197.97

S高・S安銘柄

今日のストップ高銘柄

今日のS高 2021-09-13 170330

【画像】株探

今日のストップ安銘柄

今日のストップ安 2021-09-13 170431

【画像】株探

今日のデイトレ結果

今日の売買損益 2021-09-13 150724

【画像】松井証券

今日の収支は-36765円でした。

追加入金はギリギリで回避しましたが、信用余力が大幅に減ってしまいました…

今日トレード&反省や気付き

前場のトレードと反省

前場の全トレード 2021-09-13 114436 前場の売買損益 2021-09-13 114359

【画像】松井証券

前場の収支は-27826円でした。

今月は2日しか負けていないのですが、勝っている日より負けている日の方が金額が大きいので、今日の前場のマイナスで今月マイ転(-5598円)してしまいました。

寄付きですが、自分としてはかなり難しかったですね。

週末の米国市場でダウ・ナスダック・SP500が揃ってマイナスだったので、週明けの日本市場も大幅下落から始まると思いきや、日経平均・マザース指数ともに上へ!(日経は寄り直後にちょっと下に向かいました)

「良かった!そこまで激しい下落はなさそうだな…」

そう思ってトレードしていたら、9:15頃から日経・マザーズともに急降💦
(その後持ち直しました)

9時代に指数がジェットコースターのような動きをするとは想像もできませんでしたね。

そんな地合いの中、1分くらい様子を見ていたらレノバが上に行きそうだったので100株買いエントリーして+969円。

週明け1回目のエントリーがプラスかマイナスかは非常に大事なので、「今日も寄り付きでプラスを作って逃げ切りたい」とHENNGEにエントリー。

HENNGEのチャート(前場) 2021-09-13 115522

HENNGEの約定履歴(前場) 2021-09-13 115639

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

寄り付き後前日終値に向かって上げていたので「数ティック抜き」を狙ってエントリーしたら、あっという間に2万円以上の含み損に!

やられた💦

ただ、ド底切りはしたくなかったので覚悟を決めて握っていたら、どんどんリバって「あと2ティックで同値撤退(-2000円)」というところまできたんです。

「切るべきか、せっかく我慢したんだから握り続けるか」

悩んだ末に「せめて数ティックプラスになるまで」と握る決断をした習慣にガラって-23032円の損切りになってしまいました。

その後、2~7回目の円エントリーで+3816円を取り返すも、8トレード目で捕まり-15032円の損切り。

9トレード目で+969円の利確をしましたが焼け石に水で、HENNGEだけで-33249円もやられてしまいました。

それと、エネチェンジにもエントリーしました。

エネチェンジのチャート(前場) 2021-09-13 120842

エネチェンジの約定履歴 2021-09-13 120955

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

「大きくやられちゃったし、少しでも取り返せそうな動きしてる銘柄ないかな…」

そんな感じでピックアップした監視銘柄を見ていたら、エネチェンジが上げていることに気が付きました。

正直、エネチェンジは良く分からん動き&板が薄いので「こんなん入れるかよ!」といつもスルーするのですが、今日は板が詰まっていましたし、S高を目指す動きと感じたので思い切って100株買いエントリー。

ただ、エントリーしてすぐに上がらず、次のローソク足が陰線になってしまったこともあり、「やべえ、失敗したかな…」と思ったのですが、そこまで含み損が大きくなかったので耐えていたら突然買いが殺到してバイン!

利確で失敗してMAXの利益は取れませんでしたが、+4484円の利確をすることができました。

 

とにかく難しい地合いだったこと、HENNGEに捕まって前場の多くの時間を消費してしまったこと前場で大きなマイナスを作ってしまった原因です。

後場のトレードと反省

後場の全トレード 2021-09-13 154803

【画像】松井証券

後場の収支は-8939円でした。

前場引け時点でプラスであれば、後場にこんなにエントリーすることはないのですが、さすがに-27826円の負けを受け入れてノートレというわけにはいかないですからね。

それで、後場もエントリーしましたが、結局直近IPOのJフロンティアで-10518円の大きな損切りをして、取り返すどころかマイナスを拡大させてしまいました。

あと、今日は最後のトレードで超絶やらかしてしまったんですよね。

「損失が大きいのでプラ転は絶望的だけど、1円でもいいから取り返しておきたい!」と、煽り銘柄を承知で広済堂でスキャしました。

広済堂のチャート(後場) 2021-09-13 155639

広済堂の約定履歴 2021-09-13 155807

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

いつ大量の売りが降ってきて嵌め込まれるか分からないので百円単位の利確を繰り返していたのですが「さすがにこれじゃあ、埒(らち)が明かない!」とばかりに200株でエントリーしたら即含み損に。(エントリー箇所は一番最後の陽線の上ヒ部分)

ただ、目で追えないくらいの速さで動いていたので、「頼む~!同値で良いから逃げさせてくれ~!!」と祈っていたらピタッと板が止まったんです。

「はぁ!? こんなときに重たくて板が動かなくなるやつ!?!?」

慌てて更新ボタンを押しても反応がありません。

「おかしいな?」と思って時計を見たら3:00を回っていました。

 

「最悪💦 広済堂なんて触らなければ良かった💦💦💦」

 

200株持ち越して2倍の手数料を払うなんて勘弁ですし、今晩の米市場次第では明日は下げ相場になるかもしれません。

更に、私が座右の銘にしてる「宵越しの株を持たない」という鉄のルールを犯すつもりもないので、現引きしてPTSで裁くことにしました。

ただ、過去に1度も経験がないんですよ…

もちろん、いろいろなデイトレーダーさんが現引きやPTSで売り捌くやり方について解説してるのを見たり聞いたりしたことがあるので「何となく」は分かっていましたが、自信が無いので松井証券に問い合わせて教えてもらうことに。

 

自分:「ネットストックハイスピードを開いているのですが…」

松井証券の担当者:「それなら『株式取引』→『スピード注文』と進んで『6202の株式スピード注文』を表示させてください!」

自分:「はい、表示させました」

松井証券の担当者:「広済堂を表示させて『PTSJ』を選択し、取引区分を『現物』にしてください!」

ところがここで問題が起こりました。

PTSで現物株を売るときの板 2021-09-13 161552

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

取引区分の「現物」のところが灰色になっていてクリックできないんです!

自分:「すみません。現物のところをクリックできないんですが💦」

松井証券の担当者:「おかしいですね~。少々お待ち頂けますか…」

見ないと分からないということでリモートで繋いでもらったのですが、見たところで現物のところが灰色になっていることに変わりはありません。

この時点で15:30まで残り5分を切っています。

自分:「出来れば、少しでも早く売ってしまいたいので、何とかなりませんかね💦」

結局、ネットストックハイスピードでは無理ということで、松井証券のHPから200株のPTS注文を出したら運良く2枚とも1536円と買値を上回る価格で売れて+2200円の利益になりました。

 

ただ、「やった!PTSで売り捌けた!」と単純に喜んではいられません。

このままだと、次に同じようなことが起きたときに、いちいち松井証券のHPを開かなければならないからです。

ですので、いろいろネットストックハイスピードをいじっていたら原因がこれであることがわかりました。

ネットストックハイスピードの板の設定画面 2021-09-13 162539

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

これは板の右上にある「設定」をクリックすると表示させることが出来る画面なのですが、「デイトレで現物取引をすることはない」と「取引区分選択」の「現物」のチェックを外していたのを忘れていたんです。

ですからチェックを入れたら解決しました。

ただでさえ大負けしていたので最後のハプニングで大きな損失を出すことにならなくてホッとしましたが、私のような小資金デイトレーダーには厳しい現実も待っていました。

それは、今日現物200株で使った約30万円の余力が回復するのは引き渡し日の16日(水)なんです。

つまり、明日デイトレしたければ少なくても30万円以上を証券口座に追加入金しなければならないんですよね💦

余力が回復したら戻ってくるとはいえ、銀行口座のお金が更に30万円も拘束されてしまうのはちょっと不安です。

まぁ、明日だけの話なので、ピンポイントで明日お金が必要な事態が起こる確率は少ないと思いますが…

 

ということで、今日は大負けした上に、最後に最後にハプニングまであってめっちゃ消耗しました。

今日負けた原因について

今日は他にもブログに書いておきたいことがあります。

それは、今日は「負けるべくして大負け」したんですよ。

最近、自分は寄り付き直後から長くても1時間でプラスを作り、あとは「ここは大チャンス!」というとき以外エントリーしないというトレードで勝率を上げていました。

過去最高の10連勝も出来ましたし、「おめでとう!」とか「デイトレ上手くなったね」とTwitterでお声をかけてもらったりしていましたが、自分としては「上手いなんてレベルじゃないし、今のやり方で勝ち続けることは難しい」と思っていました。

理由としては、短い時間である程度のプラスを作るために「寄り付きから1時間は呼び値5円や10円の銘柄にガンガンエントリー」していたからです。

この戦略でプラスを作れたときはいいのですが、問題はマイナスを作ってしまったとき。

当たり前ですが「呼値10円の銘柄で5ティックの損切りをすれば-5000円」ですよね。

絶対に取り戻せないとはいいませんが、呼び値1円の銘柄で5000円を取り戻すのは直近IPO銘柄とかでなければ難しいじゃないですか。

ですので、その後も呼び値10円とか、5円の銘柄にエントリーし続けることになるのですが、私の実力では寄り付きから時間が経てば経つほど勝てなくなるんです。

理由は「激しく動いているとリスクも高いですが『数ティック抜きのスキャ』がやり易いですし、エントリー後に少し下げても買値まで戻ってくる」ことがありますが、時間の経過と共に動きが鈍くなるので、動いているときよりも難易度が上がるからです。

呼び値5円や10円の銘柄は、ただでさえ呼値1円の銘柄よりも値動きがゆっくりですしね。

 

ですので、ここのところ勝率が上がったからといって全然喜べない心境でした💦

 

そうそう、そういえばRょーへーさんがYouTube動画の「デイトレで負ける理由をズバリ言い当て対処法を提案します」の中で、私がやっているようなトレードのことを「負けるトレードの例」としてあげていました。

 

それ以外にも、「デイトレーダーなら誰もが思い当たる負ける理由の具体例」と「対処法」を解説してくれていますので、動画を見ていないデイトレーダーに方におすすめさせて頂きます。

自分も再度見直して反省しよう…

 

 

※ 投資は自己責任です。当ブログに書いてある情報によって生じたあらゆる損害に対して責任は取れませんでご了承ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

おすすめの記事