寄付き凸に失敗!後場にスキャルピングするも焼け石に水…

GW明け初日のデイトレということで負けないトレードを心がけましたが、結局は負けてしました。

原因は寄り付き凸でいきなりマイナスを食らっただけでなく、その後も微妙なトレードをしてしまったからです…

ちょっとシャレにならないので、今日のデイトレの振り返りは詳しく書きたいと思います。

初心者の方は「私の失敗トレードを他山の石」に、勝っている方やベテランのデイトレーダーさんの方は、コメント欄やTwitterのリプからお説教でもいいので声をかけてください

( ノД`)シクシク…

Twitterもやってます!

デイトレーダーのしょうです。

ザラ場中に株情報や自分のトレードのことツイートしていますので、よければフォローをお願いします!

@daytrader_SYOU

スポンサーリンク

今日の株式市況

各指数(終値)

日経平均 2933.37円 +518.74円 +1.8%
TOPIX 1927.4 +29.16 +1.54%
マザーズ 1183.84 ▲17.93 ▲1.49%

今日は日経・TOPIX・JPX400は寄り付き直後からグングン上昇、ジャスダックはヨコヨコ、マザーズ指数だけが寄り付き後に急激に下げた。

後場はマザーズ指数のみ下げ下げで、後の指数はヨコヨコだった。

業種別指数ランキング(前日比率)

上位トップ3

  1. 鉄鋼
  2. パルプ・紙
  3. 海運業

下位トップ3

  1. その他製品
  2. 空運業
  3. 情報・通信業

全業種で前日比率で唯一「その他製品」だけがマイナスだった。

今日のデイトレ結果

2021年5月6日(木)今日のデイトレ結果

【画像】松井証券

今日は、これまでと違ってエントリーした銘柄毎にデイトレの反省や気付きをまとめました。

ANA(9202)

トレード内容

前日ピックアップした銘柄の中から、気配値を見てANA(9202)と丸紅(8002)のどちらにエントリするか迷ってANA(9202)にエントリー。

前場チャート分析(ANA)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

※ 左側の赤丸のところでエントリーし、右下の赤丸のところで損切り。黄色い丸は振り返ってみて考えたときの「損切りしておくべきだったポイント」

1本目から陰線だったが下髭が長い陰線だったので2本目のリバを期待。
しかし、2本目どころか3本目のも陰線。

ここで「損切り」が頭を過りましたが「4本目で下げの勢いが止まった」こと、5・6本目の5分足も陰線ですが大きく下げることが無かったのでHOLDを選択しました。(スキャルピングばかりで握力が弱いので敢えて握ってみようという思いもあった)

その後、6本目が長めの陰線になり絶望しましたが、9・10・11本目と陽線をつけて一転上昇!

このときに、ポジションを維持したまま、新たに100株買いでエントリーして+1038円を取ります。

VWAP手前まで上がったので、突破を期待して損切りせずにHOLDしましたが、結果的には行って来いになってしまい、その後小さなリバが2回あったものの右肩下がり…

後場に持ち越すのはリスクと思い、前場引けで▲8112円の損切りになりました。

このトレードの反省や気付き

GW初日に絶対に負けたくなかったので、前日に時間をかけて以下のような監視銘柄をピックアップしてありました。

  • ANA(9202)
  • 丸紅(8002)
  • ジースリー(3647)
  • スクロール(8005)
  • シンバイオ(4582)
  • gumi(3903)
  • 日立造船(7004)
  • セキド(9878)
  • サイバーエージェント(4751)

この中で寄り付き後のエントリーで最後まで悩んだのがこの2銘柄です。

 

ANA 丸紅チャート(2021年5月6日)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

見て分かる通り、寄り付き後のANA(9202)は右肩下がり、丸紅(8002)は右肩上がりと対照的なチャートなので、ANA(9202)を選んだ自分のセンスと運の悪さに呆れてしまいます(汗)

ANA(9202)にエントリーしたのは、「株は今現在ではなく未来の価格を織り込む」ので、アフターコロナ銘柄の代表である航空銘柄だったこと、また「黒字化」という情報があったこと、最近の的中率がヤバい高橋ダンさんも航空株を勧めていたことなどが大きな理由です。

更に、GW中の人出は減ったものの、昨年のGWに比べると人出があったので「いけるかな…」と思ったのですが、「緊急事態宣言の延長」や「変異株」の方が日本市場にとってはインパクトがあったのでしょうね。

あと、1回目の大きなリバでVWAPに接近したときに「損切り」すれば、反発で取った+1226円を差し引いて「▲2500円くらいの損切りで済んだのにHOLDを選択」したのは、判断ミスも甚だしい。

これまでスキャルピングばかりしてきたので「もう少し玉を握るトレードに慣れたい」という気持ちがあったとはいえ、振り返ってみると「ここじゃないだろ!」と反省しました。

結果的には②の5分足と25日線のデットクロスでも損切りせず、プラ転することがないポジションを前場中握り続けてしまっただけになってしまいました。(お金だけでなく時間も無駄に)

そして、更に私は判断を誤ったんです。

ANA 後場寄り前の板(2021/5/6)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

これは、12:20頃のANA(9202)の板ですが、気配値が28ティックも高い位置に!?

その後、後場寄りでは2520.5円あたりで寄り付きましたが、2536円まで上がったので16ティックを取り逃したことになります。

本当にやることなすこと逆ですよね…

結局、ANA(9202)は▲6886円で、今日触った銘柄で一番大きな損失。

このトレードが今日の負けの最大の原因になってしまいました。

サイバーエージェント(4751)

トレード内容

サイバーエージェントの5分足チャート(2021/5/6)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

サイバーエージェント(4751)には、黄色の丸のローソク足のところで2回売りでエントリーして、1回目が+2090円、2回目は▲1610円という結果でした。

このトレードの反省や気付き

サイバーエージェント(4751)は、連休前に「馬娘効果」で急騰していましたが、今日は寄り付き直後からそこまでの勢いがなくヨコヨコだったこと、地合い的に「後場は下げそう」と思ったので売りでエントリーする判断をしました。

ただ、下げていることに気が付いたのが遅かったので1回目のエントリーはかなり遅れてしまい、利確まで1時間ほどポジションを持つ結果になってしまったこと、2回目のエントリーは「このまま下げだろ」という決めつけのせいで損失を出してしまったのが反省点です。

gumi(3903)

トレード内容

gumiの5分足チャート(2021/5/6)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

前場のマイナスを取り返すべく、エントリーする銘柄を探していたときに、gumi(3903)が高値圏のかぶせ線(黄色丸の2本前の陰線)を形成したので、少し様子を見て黄色い丸のところでエントリー。

そのあと下げて若干の含み益を見ましたが、「この程度の金額で利確しても、全然マイナスを取り返せない」とHOLD。しかし、その利確ポイントまで下がることはなく、含み損が大きくなったので▲2676円の損切りしました。

このトレードの反省や気付き

これを見てください。

後場売り作戦(gumiとサイバーエージェント)(2021/5/6)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

実はgumi(3903)とサイバーエージェント(4751)のポジションを同時に持っていた時間帯がありました。

何枚も板を並べてトレードしているデイトレーダーさんの写真を見たことがあったので、「実験的にやってみるか!」と思ったからです。(同時進行でもしなければプラ転は無理と思ったのもあります)

しかし、「1銘柄への集中力が落ちる」「私のトレード環境(ノートPCとサブディスプレイ1枚)で2枚の板を表示するとやりづらい」というのが分かりました。

良い経験になりましたが、gumi(3903)で大きなマイナスを出してしまったので、しばらくは同時にポジションを持つのはやめようと思います。

丸紅(8002)

トレード内容

丸紅(8002)に関しては、Twitterで「今日の12:30に決算発表がある」というツイートと、先日の決算発表で三井物産(8031)が急騰したのを見ていたので、「大チャンスになる!」と狙っていました。

しかし、後場寄りで無風だったので「期待外れかよ」とノーマークでいたら、14:30頃からいきなり激しく動き出したのでスキャルピングで参戦しました。

丸紅(8002)スキャルピング結果(2021/5/6)

【画像】松井証券

結果的には勝ちが1911円、負けが649円で+1262円しか取れませんでした。

というのは、丸紅は呼び値が0.1円刻みなこと、板がそんなに厚くなく200株が限界だったことなどが理由で、ただでさえ小さい勝ちを積み重ねるスキャルピングが、更に小さい勝ちになってしまったからです。

スキャルピングに向かない銘柄があるという勉強になったのは良かったかな(笑)

総括

エントリーする銘柄の選定、利確と損切りのタイミング。
どれも少しずつズレているのが勝てない原因です。

ただ、逆に言えば「少しのズレを修正すれば勝てる」ということでもあるので、気持ちを切らさずにデイトレに精進していきたいと思います。

まぁ、負けは負けなんですけどね(笑)

 

※ 投資は自己責任です。当ブログに書いてある情報によって生じたあらゆる損害に対して責任は取れませんでご了承ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

おすすめの記事