今日のデイトレ結果(2021年7月7日)

2021年7月7日(水)の株式市況と今日のデイトレの結果です。

今日は前場から大きな含み損を抱えてしまい、終日プラ転することなく終わってしまうというデイトレでした。

本当にブログを書くのも恥ずかしいトレードだったのですが、「こうやってトレードすると負ける」という典型的なパターンなので、デイトレ初心者の方の役に立つかもしれないということで書かせて頂きます。

Twitterもやってます!

デイトレーダーのしょうです。

ザラ場中に株情報や自分のトレードのことツイートしていますので、よければフォローをお願いします!

@daytrader_SYOU

スポンサーリンク

今日の株式市況

各指数(終値) ※ 海外指数は前日終値

スマホなどで表が全て表示されてない場合は横にスクロールしてください!

日経平均 28366.95 ▼0.96% -276.26 7/7
TOPIX 1937.68 ▼0.86% -16.82 7/7
マザーズ 1181.42 ▼0.60% -7.11 7/7
ジャスダック 185.82 ▼0.54% -1.01 7/7
JPX日経400 17445.19 ▼0.90% -158.66 7/7
東証リート 2180.99 ▼0.24% -18.75 7/7
NYダウ 34577.37 ▼0.60% -208.98 7/6
NASDAQ 14663.64 ▲0.17% +24.32 7/6
S&P500 4343.54 ▼0.20% -8.80 7/6
VIX恐怖指数 16.44 ▲9.09% +1.37 7/6
ラッセル2000 2274.50 ▼1.36% -31.26 7/6
SOX指数 3307.92 ▼0.24% -7.91 7/6
バルチック指数 3179 ▼1.40% -45 7/6

業種別指数ランキング(前日比率)

業種別指数値上がりTOP5

精密機器 ▲0.48% 10182.09
電気機器 ▼0.26% 3645.45
情報・通信 ▼0.29% 4813.68
サービス業 ▼0.39% 2896.12
その他製品 ▼0.46% 3859.25

業種別指数値下がりTOP5

鉱業 ▼3.52% 237.82
石油・石炭製品 ▼2.26% 1020.88
保険業 ▼2.11% 969.34
鉄鋼 ▼2.03% 421.39
銀行業 ▼1.99% 139.73

S高・S安銘柄

今日のストップ高銘柄

フェリシモ 1763円 ▲20.51%
川崎地質 3105円 ▲10.89%
キタック 435円 ▲22.54%
太洋物産 630円 ▲18.87%

今日のストップ安銘柄

WT天然ガス 1円 0%

今日のデイトレ結果

売買損益(2021年7月7日)

【画像】松井証券

今日の収支はー16886円でした。

7月に入って負けなしだったのですが、やらかしてしまいました💦

今日は大反省会です…

今日トレード&反省や気付き

前場のトレードと反省

全トレード(2021年7月7日前場)

売買損益(2021年7月7日前場)

【画像】松井証券

前場は+5453円のプラスがある一方、含み損をー26027円後場に持ち越すことになってしまいました💦

前場の含み損銘柄(2021年7月7日)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

ですから、ー20574円のビハインドということになります。

ここれだけの含み損を抱えてしまった理由は、OPSは同値撤退しようとしたらあと2ティックというところガラってその後大きなリバ無し、Enjinは数ティック抜きのスキャに失敗して上ヒゲで捕まってしまったからです。

ここ数日間と違って直近IPO銘柄の値動きが大人しかったので「激しい動きの中で数ティックを拾うスキャルピングの優位性が減っていた」こと、そういう日にかなり高い位置から寄り付いたOPSにエントリーしてしまったことなどが、このような前場の結果になってしまった原因ですね…

後場のトレードと反省

後場のトレード(2021年7月7日)

【画像】松井証券

前場から含み損のEnjinとOPSのポジションを持ち越しましたが、プラ転するかどうか眺めているだけでは厳しそうなので、スキャで少しでもプラスを作って含み損と相殺できればいいと考えて後場のデイトレに臨みました。

結果的には1度もプラ転することはありませんでしたが、EnjinとOPSの含み損を合わせてー7000円くらいの損切で逃げられるタイミングがあったんですよね。

後場のスキャルピングで+13101円の利確をしていることを考えれば、そこで逃げていれば今日も勝てたのですが、「あと7000円でプラ転!」という欲が邪魔をして損切りできませんでした…

今日の反省と気付き

ノーリバのダラダラ下げに付き合ってしまった

EnjinとOPSのダラダラ下げチャート(2021年7月7日)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

今日、大負けした最大の原因は、リバを信じてこの2銘柄を損切りできなかったことです。

昨日も一昨日も大きな含み損からのリバで救われていたので、「ワンちゃんプラ転あるんじゃないかな…」という希望的観測でポジションを握り続けたのが良くなかったですね…

ただ、リバで救われ続ければ「超ド級の大負けする日」を迎えていたと思うので、-18000円は痛いですが相場からお灸をすえられたと思って反省します。

負けを取り戻すためにギャンブルトレードをしてしまった

日本電解の社長が14:15からテレビ出演という情報を得たので、大逆転を狙ってその時間のちょっと前にエントリーしたのですが、全然上がらず含み損が1万円という最悪の展開になってしまいました。

その後、運良くバインしたので逃げられましたし、更なるバインに乗っかって利益を取れましたが、ハッキリ言ってギャンブル以外の何者でもありません💦

下手をすれば3万とか5万とか負けていたかもしれないので、相場の神様に感謝したいと思います。

こういうギャンブルが必要ないようなデイトレを安定して出来るようにならないと駄目ですね。

ここのところ勝っていたのは「実力」ではなく「相場」のおかげ

今日は昨日までに比べると直近IPOの動きが大人しくて戦いづらかったです。

昨日までのエントリーした瞬間にピンピン1ティック・2ティック抜いたり、含み損を抱えたポジションがリバって逃げられたりしたのは、完全に「デイトレしやすい相場」「ボーナスステージ」でした。

ちょっと地合いが変わったら途端に負けるくらいの実力しかないと再認識して、安定して勝てるデイトレが出来るように精進します。

余力があまりに少ないのってどうなんだろう…

私はもともと自動スイープ機能(楽天銀行から楽天証券の口座に自動で入金される機能)のある楽天証券を使っていました。

ですから、今考えると恐ろしいのですが、専業になって間もない頃にレーザーテックとかでガンガントレードしていたんですよね💦

自分の性格上、余力があると値嵩株などに手を出したくなるので、松井証券を使うようになってからは30万円を切ったら5万円だけ入金するようにしています。

ただ、こうなると問題なのが余力。

例えば、あっという間に余力が足りなくなるので指値を沢山いれることができませんし、「これはチャンス!」とエントリーしようとしたら余力不足だったり、ナンピンしようにもできないなんてことが頻繁に起こるんです。

余力が多い方が選択肢が多くなることは分かりきっていますが、余力があると無茶してしまうリスクがある。

天秤にかけて考えて出た結論が「ギリギリの余力」です。

「余力がある状態でも自分をコントロールしろよ!」という声が聞こえてきそうですが、現状の私は今日のようなギャンブルをしてしまいますからね…

皆さんは余力についてはどう考えて、どのようにしていますか?

よろしければ、ブログのコメント欄やTwitterのリプで教えてくださいm(_ _)m

 

今日も1日お疲れさまでした。
負け報告のブログを最後まで読んで頂き感謝です。

 

※ 投資は自己責任です。当ブログに書いてある情報によって生じたあらゆる損害に対して責任は取れませんでご了承ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

おすすめの記事