pcとモニター2画面のデイトレ環境

今回、モニター1つだったのを2つに増やすにあたって、分配器やケーブルを購入してセッティングしました。

理想は6画面とか8画面とかなのですが、セッティングが大変なのとお金がかかるので、もともと自宅にあって全然使っていなかったTVを2つ目のモニターにしたんです!

もしかしたら、私のように「モニター2枚くらい必要だよな~」というデイトレーダーの方がいるかもしれないので、ブログ記事としてまとめてみました。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

モニター増設にあたって購入したもの

今回、PCと2枚のモニター環境を作るにあたって購入したのは、以下の「分配器」と「ケーブル2本」です。

分配器 開封の儀

ディスプレイポート HDMIのケーブル (3)

 

上がサンワサプライが販売しているDisplayPort分配器で7480円、下がベストクリックが販売しているDispleyPort to HDMI 変換ケーブルで1399円です。

変換ケーブルは2本購入しましたので、分配器の7480円とケーブル2本分の2798円で合計10278円!

PCやモニターなどがあれば、たった1万円程度でPC画面とモニター2枚環境が作れるわけです。

気を付ける点としては、端子がミニディスプレイなのか、ディスプレイポートなのか、HDMIなのかなどの違いがあるので、自分の持っているPCやモニターにあったものを購入するということ。

以下の商品は今回私が購入したものですが、Amazonや楽天のリンク先にはいろいろな種類のケーブルや分配器がありますので、自分が使っているPCやモニターの端子に合うものを選ぶようにしてください!

PCとモニターの接続手順

ここからは、実際にPCと2つのモニターを接続する手順を分かりやすく解説します!

具体的な手手順の前に、イメージしやすいように接続イメージ図をみてください。

ディスプレイポート分配器を使ったPCとモニター接続方法

 

これは、購入した分配器の説明書に載っていた「接続方法」の図です。

このようにPCと2つのモニターを分配器を経由して接続することで、それぞれの画面に違う情報を表示させることができるようになるんですね。

これでイメージも出来たと思いますので、本題の手順に移ります。

① PCと分配器を接続する

 

分配器 ミニディスプレイポート側

 

このように、分配器のMiniDisplayPortのケーブルの端子をPCの端子に差し込んでください。

ちなみに、私が使っているサーフェスプロ5というPCの端子はMiniDisplayPortですが、PCによって端子の種類が違いますので購入する際には間違えないようにしてくださいね!

② 分配器のACアダプタ端子を差し込む

分配器 本体ACアダプター差し込み側

 

分配器にACアダプター端子を差し込みます。

③ DisplayPort to HDMIケーブルを分配器に差し込む

ディスプレイポート HDMIのケーブル

ケーブル ディスプレイポート側端子

 

こちらが今回購入したDisplayPort to HDMIケーブルですが、写真の方の端子を分配機の端子に差し込みます。

分配器 本体ディスプレイポート端子

こんな感じで2本とも差し込んでください。

④ DisplayPort to HDMIケーブルをモニターの端子に差し込む

ケーブル HDMI端子側

 

今度は、こちら側の端子をモニターの端子に差し込みます。

ケーブル モニターHDMI端子

TVのHDMI端子

 

上がモニター、下がテレビのHDMI端子に差し込んだところですが、これもモニターによって入力端子が違う場合がありますので、自分が使っているモニターやテレビの端子にあったケーブルを購入するようにしてください。

⑤ 分配器を電源オンにする

全ての接続が終わったら、分配器を電源オンにします。

分配器 アダプター

 

本体に電源スイッチがありませんので、コンセントに差し込んむと電源オンになります。

写真のようなスイッチ付きの電源タップがあると、いちいち抜き差しする必要がないので便利ですよ!

ちなみに、新しく購入するのであれば、PCやモニターなどを守るために雷ガード機能付にすることをおすすめします。

windowsの設定手順

接続が終わったら、次はPCでディスプレイ設置が必要です。

ここでは、windowsのPCのディスプレイ設定の手順を画像を用いて解説しますね!

① 「ディスプレイ設定」画面を開く

PCのデスクトップ画面上で右クリックすると小窓が開きますので、ディスプレイ設定をクリックして選択します!

② ディスプレイの配置を決める

ディスプレイの配置を決定する

ディスプレイ設定画面の一番上の図の画面を移動させることで「ディスプレイの配置を変更する」ことができます。

基本的には、直感的に把握しやすいようにリアルでのPCとモニターの位置と同じ配置にしておくのがポイントなのですが、デイトレをしやすくするために、ちょっとしたポイントがあります。

例えば、このような配置にしてしまうと、2から3(3から2)にマウスポインターを移動するのに1番を経由する必要があるのですが、移動距離が長くなるのでマウス操作がやりづらくなるんですね。

ですから、このようにするのがベストです。

ディスプレイ設定例②

これによって全ての画面への移動がしやすくなりました。

③ 設定を「拡張」にする

ディスプレイの設定「拡張」にする

 

ディスプレイ設定画面を下にスクロールすると「マルチディスプレイ」という項目があるので、そこで「デスクトップを2と3に拡張する」を選択して「変更」しましょう。

※ 「複製」だと全てのモニターに同じ画面が表示されます

まとめ

pcとモニター2画面のデイトレ環境

 

この記事に書いてある分配器やケーブルを使って、このようなPC+2モニター環境にすることができました。

もちろん、6枚・8枚のモニター環境の方が一度に表示できるものが増えるので便利ですが、PC+2モニターでもかなりデイトレしやすい環境になったという実感があります。

モニターを少し増やしたいという方は参考にしてみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

おすすめの記事