ブロードマインド許さねえぞ…

今日も負けました。
はい、もう恥ずかしくもなければ、金が減っても何も感じなくなってきました。

マジで全財産が無くなるのが早いか、勝てるようになるのが早いかだな、これは。

今のところは破産の確率99%ですけどね。
破産したらTwitterかブログで報告しますので、笑ってやってください。

それにしても、ブロードマインドだけは許せねえ…

Twitterもやってます!

デイトレーダーのしょうです。

ザラ場中に株情報や自分のトレードのことツイートしていますので、よければフォローをお願いします!

@daytrader_SYOU

スポンサーリンク

今日の株式市況

各指数(終値)

指数値動き(2021/5/10)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

日経平均 29518.34円 +160.52円 +0.55%
TOPIX 1955.27 +19.22 +0.99%
マザーズ 1157.42 ▲4.74 ▲0.41%

もう説明する元気もないので、指数の動きは画像で確認してください。

それにしてもマザーズはいつ元気になるんだよ。

マザーズ銘柄が元気ないから、板の厚い東証銘柄やって負けてるんだけど…

業種別指数ランキング(前日比率)

上位トップ3

  1. 鉄鋼
  2. 石油・石炭製品
  3. 非鉄金属

日本製鉄が前日比+114円、JFEが+116円と、今日は鉄を握って寝てればよかったわけか。

下位トップ3

  1. 海運業
  2. 小売業
  3. 金属製品

決算の日本郵船が前日比▲145円、商船三井が▲115円、川崎汽船に至っては▲215円と、バルチック海運指数と共に右肩上がりだった海運銘柄が全滅。唯一、共栄タンカーだけが+27円とプラスでした。

今日のデイトレ結果と反省

株式売買損益(2021/5/10)

【画像】松井証券

前場寄り付きのトレード

前場の寄り付き直後は、負けが続ていることもあり数分間様子を見て「先週元気で、今日も1本目に陽線をつけているブロードマインド」にエントリーしました(9:04)

ブロードマインド寄付き直後にエントリー(2021/5/10)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

ただ、200株3ティック抜きのスキャルピングをするところを100株で入ってしまい+293円の微益に。

「最近、負け続けていること」「いきなり誤発注したこと」で嫌な予感がして再度エントリーはしないことにしたのですが…

その後、グングン上昇してしまいました。

こういうの多すぎ。

 

次にアンジェスにエントリーしました(9:10)

寄付き直後アンジェスの上ヒゲで損切り(2021/5/10)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

ワクチン系の材料が出ていたので「まずは上昇する」と思って1本目のローソク足でエントリーするも、上ヒゲの高値で即含み損になったので▲1609円の損切りをしました。

アンジェスに売りでエントリー(9:16)

アンジェスに売りでエントリー(2021/5/10)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

アンジェスがワクチンという強そうな材料が出ているにも関わらず上げないので、戻り売りを狙って①の陽線でエントリーします。

しかし、その後も値を上げ黄色い矢印のところで最高値を付けますが、損切りせずに堪えました。

そうしたら、長い上ヒゲの陰線になったので「下げがくるまで握ろう」と決心。

②のところの陰線で利確が頭に浮かんだのですが、「利益を伸ばしたい」と見送ると値を戻しヨコヨコに。

結局、前場引けまでヨコヨコだったので持ち続けましたが、後場への持ち越しが嫌だったので+96円で利確定しました。

ブロードマインドで爆損(10:40)

ブロードマインドで爆損(2021/5/10)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

決算シーズンということで、資金があちこちの銘柄に分散してしまった影響なのか全体的に値動きがなかったので、①の陽の丸坊主(勢いのあるローソク足)をブロードマインドで見つけてエントリーしました。

直後にガラを食らったのですが、「上げるかもしれない」という希望的な考えてホールドしたら4連続で陰線になってしまい、前場引けまで粘ってみるか」と更に持ちづづけたのですが結局は②の最後の陰線のガラも食らって▲11216円もの損切りになってしまいました。

5日移動平均線の上の陽線、ボリバンの+2aにもタッチしていない、しばらくヨコヨコが続いていた、更に25日・75日・200日移動平均線が全て上向きでエントリーしてもダメですからね。

どんなエントリーしたら勝てるのか本当に分からないです…

後場寄りのトレード(12:30)

後場寄りは、決算で値動きがあった日本郵船に突撃!

日本郵船後場寄りのチャート(2021/5/10)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

日本郵船トレード(9101)

【画像】松井証券

売りでエントリーするも、いきなり▲3021円の損切りになったのでドテンして+1478円だけ取り戻す。

直後に再度売りでエントリーするも上昇の勢いが衰えず▲3521円の損切りに。

その後は同値撤退が4回、3回は取れましたが+2934円と微益でした。

日本郵船のような呼び値が5円、板が厚い銘柄でトレードして良い思いをしたことがないんですよね。

振り返ってみても損切り額が大きくなる傾向があるし、板が厚いと上か下かさっぱり分からない。

例えば、▲22円の4回の同値撤退は+500円くらいのところで逃げようと思ったのですが、板が厚いので約定しないうちに含み損になることを恐れて成行で注文を出したら、その瞬間に1ティック動いたといった感じ。

ただ、こういう銘柄で利益を取れないと、前場で大きく負けちゃうと「負け確定」の絶望的な日になっちゃうんですよね。

どうするべきか本当に悩ましい。

決算で吹き上げた伊藤忠商事で空売りが決まる(13:10)

伊藤忠商事で空売り(2021/5/10)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

決算で吹き上げた伊藤忠商事の急騰後の急落を狙った空売り(黄色の陰線の一番上)がバシッと決まったのは、今日のトレードで唯一の収穫だった。

ただ、3592円と最高の位置でエントリーしたのに、3577円と陰線の半分も取れずに利確してしまったこと、その後もビビッて微益しか取れなかったのは反省点。

上手い人は、1本目の陰線と2本目の陽線でしっかりと利益を取るんだろうな~

大引けにブロードマインドでガラを食らう(14:52)

ブロードマインド大引けのガラ(2021/5/10)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

大引け前の収益が▲11635円だったので、「少しでもマイナスを減らしたい」と思って動いていたブロードマインドにエントリー。

しかし、黄色い丸の陰線に捕まり▲3608円損失を増やしてしまいました。

無理してエントリーする銘柄を探したのが敗因です。

総括

5月は3連敗。GW前も負け続けていたので、前回買ったのはいつなのか思いだせないくらい負けています。

いろいろ考えたのですが、一番の原因は「自分のスタイル(勝ちパターン)が無いこと」ですね。

唯一、スキャルピングだけは勝率が良いですが、必ずしもスキャルピングできる銘柄があるとは限りませんし、9勝1敗でも1敗の損切金額が大きいことが多いので大きく勝てません。

そんな理由から、最近は長く握ったり売りからエントリーしたりしていますが、どれもしっくり来ていないのが現状です。

今後も懲りずにありのままをブログに書きますので、私のクソトレードを見て、「これをやると負けるんだな」という形で役立ててください。

あと、流れを変えたいので床屋に行ってモヒカンにしてきます!

スポンサーリンク

コメントを残す

おすすめの記事