デイトレ環境

この記事には、私が「デイトレ中にPCやサブディスプレイに表示させている画面」、更に「その画面を表示させている目的」について書いてあります。

ちなみに、私のデイトレ環境は以下の通り。

 

  • サーフェスプロ5(画面: 12.3 )
  • iPadmini5(画面7.9インチ)
  • I-O DATA(23.8インチ)
  • iPhoneSE(第2世代)

 

デイトレーダーの中では使っている画面数は少ない方なので、デイトレを始めたばかりで「いきなり4画面とか6画面の監視モニター環境を揃えるのは無理」という初心者の方は参考にしてみてください。

ちなみに、既に監視モニターに囲まれいるような凄腕・ベテランデイトレーダーの方には「何の参考にもならない」ので最初に断っておきます(笑)

スポンサーリンク

もくじ

これが私のデイトレード環境だ!

デイトレ環境

デイトレをしているデスク周りはこんな感じです。

画面左からiPadmini5、サーフェスプロ5、I-O DATAのディスプレイ、あとスマホも使っているのですが、この写真の撮影に使っているので画面には写っていません。

ちなみに、私は中古の戸建てに住んでいるのですが、2階にある3畳(物置部屋)を片付けてデイトレルームとして使っています。

理由は、「広い部屋だと落ち着かない」のと「この部屋の出入りでオン・オフの切り替えができる」からです。

それぞれの画面に表示させているもの

iPadmini5、サーフェスプロ5、I-O DATAのディスプレイの画面に表示させているものは以下の通りです。

iPadmini5に表示させている画面

デイトレで表示している画面(iPadmini)

【画像】iSPEED 楽天証券

  • 楽天証券のアプリ「iSPEED」のマイボード100
  • Twitter(画面を見たいとき以外は隠しておいて通知がくるように設定)

サーフェスプロ5に表示させている画面

デイトレで表示している画面②

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

  • 現物買付余力(ネットストックハイスピード)
  • 海外指数一覧(ネットストックハイスピード)
  • 株式株価急騰落分析・株式出来高急増分析・株式近接率分析(ネットストックハイスピード〔2102〕)
  • 業種別指数一覧(ネットストックハイスピード)
  • 株式チャート(ネットストックハイスピード)

ここからはGooglechromeで常時開いているタブ(WEBページ)になります。

デイトレで表示している画面(Googlechrome)

【画像】株探

  • Twitter
  • 株探
  • 松井証券のHP
  • Googleドキュメント
  • 株ライン

サーフェスの画面は狭いので、ネットストックハイスピードの画面を見るときはGooglechromeは最小化する、Googlechromeが見たいときは最大化する(ネットストックハイスピードの画面は隠れてしまう)のようにしています。

I-O DATA(サブディスプレイ)に表示させている画面

デイトレで表示している画面(サブディスプレイ)

【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

  • 株式注文照会・株式約定照会・現物残高照会・信用建玉照会(ネットストックハイスピード〔6721〕)
  • 主要指数一覧(ネットストックハイスピード)
  • 株式ミニ価格表(ネットストックハイスピード)
  • 株式チャート(ネットストックハイスピード)
  • 一日信用スピード注文(ネットストックハイスピード)
  • マルチチャートボード・マルチ気配ボード(ネットストックハイスピード〔5210〕)
  • デイトレ適正・寄り気配・Tick回数(ネットストックハイスピード〔2211〕)

iPhoneSE(第2世代)

    iPhoneSEは、Giwaさんやシンジさんのライブ動画を視聴するとき他で使っています。

    それぞれの画面を表示させる目的

    ここからは、それぞれの画面を表示させて何を見ているのか(目的)について簡単にまとめておきます。

    楽天証券のアプリ「iSPEED」のマイボード100

    デイトレで表示している画面(iPadmini)

    【画像】iSPEED 楽天証券

    楽天証券のアプリ「iSPEED」のマイボード100の画面を表示させておく目的は、前場の寄り付き直後や相場の急変時に「今日は上げか下げか」「どんな業種が上げているか(下げているか)を一瞬で把握するためです。

    例えば、このように緑色一色のときは「全面下げだ!」と分かりますよね。

    ですから、トレードしたい銘柄ではなく、各業種の有名企業(自分が知っている会社)をピックアップしています。

    Twitter

    デイトレで表示している画面(iPadmini5②

    iPadmini5ではTwitterを情報収集ツールとして使っています。

    iPadではこんな感じで2つの画面を重ねて表示することも出来るのですが、デイトレをしているときは画面の外にスワイプして隠しています。

    理由は「重ねると邪魔になる」「隠した状態にするとポップアップで通知される」から。

    Twitterを常時見ているわけではないので、通知音と共にポップアップで表示される方が便利ですからね!

    現物買付余力(ネットストックハイスピード)

    現物買付余力(ネットストックハイスピード)

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    現物買付余力を表示させているのは、現在のプラス金額とマイナス金額がいくらかを把握するために表示させています。

    ネットストックハイスピードには、松井証券HPの株式売買損益のように「今日の収支(勝ち金額-負け金額)」を表示させることができないので、現在のプラス金額とマイナス金額を表示させて暗算して「+5000円プラスか…」のように今現在の収支を把握するしかないからなんですね。

    それにしても、私のしょぼい信用保証金を自ら晒してますよね(笑)
    少し入金しとくとするか…

    海外指数一覧(ネットストックハイスピード)

    海外指数一覧(ネットストックハイスピード)

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    ぶっちゃけ海外指数は前場の寄り付き前のルーティンで確認して、その後はほとんど見ることはないのですが一応表示させています。

    株式株価急騰落分析・株式出来高急増分析・株式近接率分析(ネットストックハイスピード〔2102〕)

    株式株価急騰落分析・株式出来高急増分析・株式近接率分析(ネットストックハイスピード〔2102〕)

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    この画面を表示させている目的は、「急騰した銘柄」「急落した銘柄」「出来高が急増した銘柄」「高値・安値・S高・S安に接近している銘柄」を把握するためです。

    業種別指数一覧(ネットストックハイスピード)

    業種別指数一覧(ネットストックハイスピード)

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    この日であれば「海運業が元気なのか!」とか「輸送用機器が下がってるな…」のように業種別の状況を素早く把握するために表示しています。

    株式チャート(ネットストックハイスピード)

    株式チャート(ネットストックハイスピード)

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    PC画面の右側半分に大きくチャートを表示させているのは、エントリー前に日足の状況を把握するためです。

    エントリー前であれば、RSIやMACDなどのオシレーター系のインジケーターもしっかり見れますので、長期足がどっち方向かを必ず確認するようにしています。(週足や月足に切り替えて確認することもあります)

    Twitter(PCに表示させている画面)

    デイトレで表示している画面(Twitter PC)

    iPadmini5では情報収集のためにTwitterを使っていますが、PCで表示させているTwitterはツイート(情報発信)するのを目的としています。

    株探

    デイトレで表示している画面(株探)

    【画像】株探

    株探を表示させている目的は「初めて触る銘柄を調べるため」です。

    デイトレでは値動きの激しい「旬な銘柄」でトレードする機会が多いですが、全ての銘柄がどんな会社でどんなビジネスをしているかなんて覚えきれないですからね。

    また、信用倍率や業績推移、成長性などをサッとチェックするのにも使っています。

    松井証券のHP

    デイトレで表示している画面(松井証券HP)

    【画像】松井証券

    松井証券のHPを表示させておく目的は以下の通りです。

    • ネットストックハイスピードが落ちたときの緊急対応をするため
    • 精算表でトレード毎の収益を確認するため
    • 株式売買損益で今日の現時点での収支を確認するため

     

    松井証券に限ったことではありませんが、各証券会社が提供しているツールは通信状態が悪いときなどに落ちるときがあります。

    もし、そのときにポジションを持っていて、再度ツールを立ち上げたら「とんでもない損失になっていた」なんてことが起こるかもしれません。(私は経験があります)

    あとは、ネットストックハイスピードは「トレード毎の収支」や「今現在の今日の収支」を表示させられないので、正確に知りたいときに見るためというのもあります。

    Googleドキュメント

    デイトレで表示している画面(Googleドキュメント)

     

    Googleドキュメントを表示させている理由は、忘れないうちにトレード記録をつけるためです。

    トレード回数が多い日などは、大引け後に振り返ろうとしても思いだせなくなってしまうので、トレードの合間に箇条書きで記録を残すようにしています。

    株ライン

    デイトレで表示している画面(株ライン)

    【画像】株ライン

    Twitterのツイートを情報源にしている株情報サイトです。

    ザラ場中に細かいところまでは見ませんが、トップページの話題株ランキングと画面下にポップアップで表示されるツイートをみるために表示しています。

    株式注文照会・株式約定照会・現物残高照会・信用建玉照会(ネットストックハイスピード〔6721〕)

    株式注文照会・株式約定照会・現物残高照会・信用建玉照会(ネットストックハイスピード〔6721〕)

     

    株式注文照会・株式約定照会・現物残高照会・信用建玉照会の画面を表示させているのは、前場引けや大引けで出しっぱなしの注文がないか確認したり、信用建玉照会で複数のポジションを同時に解消するときなどに使うからです。

    特に、ネットストックハイスピードの一日信用スピード注文の板は、「新規発注は出来ても返済注文が出せなくなる」というバグ!?がときどき発生するので、信用建玉照会の返済ボタンを押せる状態にしておくのは必須です。

    主要指数一覧(ネットストックハイスピード)

    主要指数一覧(ネットストックハイスピード)

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    主要指数一覧を表示しておく目的は、当たり前ですが指数の動きを常に把握しておくためです。

    アルゴの影響で指数の動くと個別株も動くことがあるので、エントリーの際はもちろん、エントリー中も板や歩み値、チャートのように見るようにしています。

    株式ミニ価格表(ネットストックハイスピード)

    株式ミニ価格表(ネットストックハイスピード)

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    株式ミニ価格表では「気配」「詳細」「歩み」「チャート」の4つを表示できるのですが、表示させるのは歩み値だけです。

    目的は説明するまでもないですよね(笑)

    株式チャート(5分足)

    株式チャート(5分足)

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    こちらの株チャートはトレード用に使う目的で表示させています。

    ただ、自分の場合はスキャルピングなど短トレードが多いので、RSIやMACDなどのオシレーター系のインジケーターは使いません。

    いろいろ表示させると、肝心のローソク足が見づらくなるという理由もあります。

    一日信用スピード注文(ネットストックハイスピード)

    一日信用スピード注文(ネットストックハイスピード)

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    一日信用スピード注文を表示させている理由の説明は必要ないですよね(笑)

    板がなければデイトレ出来ませんから。

    本当はフル板を表示させてトレードしたい気持ちもありますが、「表示させるスペースが足りない」のと「フル板をクリックして注文ができない」という理由で、この板のみ表示しています。

    マルチチャートボード・マルチ気配ボード(ネットストックハイスピード〔5210〕)

    マルチチャートボード

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    マルチチャートボードはザラ場中に監視銘柄のチャートを監視するのが目的で、

    マルチ気配ボード

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    マルチ気配ボードは、前場の寄り付きと後場の寄り付き前に監視銘柄の気配値を確認する目的で表示しています。

    2つの画面を起動しないと両方同時に見ることは出来ませんが、同時に見ることがないので問題ありません。

    デイトレ適正・寄り気配・Tick回数(ネットストックハイスピード〔2211〕)

    デイトレ適正

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    デイトレ適正ランキングを表示する目的は、監視銘柄以外にデイトレで勝負できそうな銘柄を見つけるためです。

    Tick回数

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    Tick回数を表示している目的は2つあります。

    ひとつは「デイトレ適正」と同じで「トレードできそうな銘柄を探す(動いている銘柄を探す)」目的、2つめは前場の寄り付き直後に値動きのある銘柄が上がってる方が多いのか、下がっている方が多いのかを見る」という目的です。

    寄り気配

    【画像】ネットストックハイスピード 松井証券

    寄り気配を表示させてみるのは、前場の寄り付き前と後場寄り前。

    このようにランキング形式で気配値が高い順に銘柄が並ぶので、「今日はこの銘柄が動きそうだな」とか「今日は全体的に気配値が低いな」のように、予想をするのに使っています。

    使う時間は短いですが、ネットストックハイスピードの中でも重要な画面だと思います。

    まとめ

    長くなりましたが、デイトレ中に表示・チェックしている画面を全公開して、その目的についても全て書きました。

    表示させたことがない画面があったら、是非試してみてください。

    あと、「私はこんな画面を使っていい感じだよ♪」なんて教えてくれたら嬉しいです。

    心優しいデイトレーダーの方は、ブログのコメント欄やTwitterのリプライに書き込んでください!

    デイトレーダーの多くは松井証券を使っています!
    口座を開設すると無料で使えるネットストックハイスピードは、注文が通るのが速いのでデイトレードで有利です!

    松井証券の公式HPでネットストックハイスピードの画像をチェック



    スポンサーリンク

    コメントを残す

    おすすめの記事