デイトレ初心者に全力でRょーへーさん(デイトレーダー)を紹介します!

有名なので知っている方も多いと思いますが、デイトレ初心者の方に超おすすめしたい個人投資家がいます!

それは、デイトレ歴15年で今も相場で戦い続けながら「デイトレ塾」というYouTubeチャンネルを運営している「Rょーへーさん」という方です。

私がRょーへーさんの存在を知ったのは、デイトレで負け続けていたときに「デイトレ コツ」というキーワードでYouTube検索したのがきっかけ。

いろいろな方が多くの動画をアップしていますが、一番参考になると思ったのがRょーへーさんの動画だったんです。

ただ、それだけでは「ブログ記事でわざわざ個人のために記事を書こう」とは思いません。

実は、「Rょーへーさんやべえ!」って感動する出来事があったんですよ!

そこで、この記事では「私がRょーへーさんを推そうと思ったきっかけ」と、「初心者の方必見のデイトレ塾のおすすめの動画や活用方法」について書かせて頂きますね。

スポンサーリンク

Rょーへーさんを「本物」「信用できる」と思ったきっかけ

ご存じの通り、投資の世界は玉席混合。

「自分が稼ぐために他人を嵌め込む詐欺師」や「承認欲求を満たすためにSNSで爆益報告をする嘘つき」なども沢山いますので、TwitterのツイートやYouTube動画の内容を鵜呑みにするのは危険です。

また、投資で本当に成功している人は「良い人」が多いのですが、「具体的な手法」に関しては絶対に教ない人も多いです。(当たり前といえば当たり前ですが)

ですから、最初にRょーへーさんのデイトレ塾の動画を見たときは、「この人って(この人の情報って)信用できるのかな…」と思いました。(Rょーへーさん、すみません)

だって、投資で成功しているなら、手間と時間のかかるYouTube動画なんてやらずに「投資だけしてればいい」じゃないですか。

ただ、動画から「熱量」というか「本気」がビンビン伝わってくるので、動画を見ているうちに「Rょーへーさんの人となりは分からないけど、信用できそうだな…」と思うようになっていったんです。

 

その後、あることがきっかけで「この人は本物だ!」と確信しました!

 

それは、当ブログのこの記事を書いたのがきっかけです。

この記事では、3人の個人投資家さんのデイトレブログを紹介しているのですが、今後デイトレ動画の紹介もしたいので、お礼を兼ねてRょーへーさんに以下のようなDMをしました。

Rょーへーさんに送信したDM

 

そうしたら、こんな返信が返ってきたんです!
(※ご本人にDMのブログでの使用許可を頂いています)

Rょーへーさんからの返信DM

 

これ凄くないですか!

Rょーへーさんと私はリアルで面識が無いだけでなく、これ以前にSNSなどでやり取りしたことすらありません。

つまり、「どこの誰だかさっぱり分からない人」に対して、Rょーへーさんはこれだけ丁寧なDMを返してくれたんです。

もちろん、「ありがとうございます」くらいの返信をする方はいると思いますが、こんなに丁寧で心がこもった返信をする人はそうはいません。

このDMで「Rょーへーさんやべえ!信用できる!!」と確信しました。

 

ちなみに、私はこのDMの返信をスクショした画像を毎日見て、「よし!今日もデイトレ頑張るぞ!!」とモチベーションを上げています。

Rょーへーさんのデイトレ塾のオススメ動画

ここからは、私がデイトレ塾の動画を視聴した中で「これは勉強になる!」と思ったものをピックアップさせて頂きました!

板読み動画(2本)

まず、ご紹介したいのが、デイトレーダー必須のスキル「板読み」についての2本の動画です。

株の板読みデイトレード術|フル板活用術

この動画には「板読みの基本」だけではなく「指値の入れ方」の解説まであるので超必見です!

実は、私は超初心者の頃に板読みを全然せずにデイトレをして大負けしていました。

そして、「何か少しでも勝率を上げる方法はないかな…」と調べていたら「板読み」に辿りついたので、書店に行って板読みの本を立ち読みしたのですが…

立っていられないほどの恐ろしいほどの睡魔に襲われて断念しました(笑)

本に書いてある板ってエクセルの表に打ち込まれた数字を見ているような感じで、全然面白くないんですよね。

あと、板の図と解説が別ページに書いてあってイライラしたり…

そんな私でも、Rょーへーさんの「聞き取りやすい声」で「分かりやすく解説してくれている動画」は最後までしっかり見ることができました!

ネタバレになるので全ては言えませんが、この動画の内容はこんな感じです。

  • 買い板が厚いときの板読み
  • 不自然に厚い買い板があるときの板読み
  • 売り板が厚いときの板読み
  • 不自然に厚い売り板があるときの板読み
  • 逆張りの指値の入れ方

私も含めてですが勝てないデイトレーダーは、この動画を何度も何度も繰り返し見た方がいいですね。

特に、「逆張りの指値の入れ方」のような内容は、なかなか教えてもらえないような内容なので見ないと損しますよ。

板読み・歩み値攻略完全版|見せ板とアイスバーグ注文まで

2本目は、2021年5月1日にアップされた板読み動画です!

この動画では、上記の板読み動画では触れていなかった「歩み値」や「アイスバーグ注文」についても解説されています。

動画内でRょーへーさんがおっしゃっていますが、「株の板読みデイトレード術|フル板活用術」→最新版の「板読み・歩み値攻略完全版|見せ板とアイスバーグ注文まで」という順番で視聴すると理解しやすいと思います。

あと、今年の途中から動画がフルテロップになりました!
これ半端ないですからね!!

例えば、この動画は約35分ですが、全編テロップを入れると数時間程度では動画を完成させることはできません。

「動画を視聴しているデイトレーダーの方が少しでも見やすく!」というRょーへーさんの愛情が感じられます。

私が13年間勝ち続けたデイトレ手法公開します|株講座

現在も現役デイトレーダーで、勝ち続けているRょーへーさんのデイトレ手法についての動画です。

この動画もデイトレで勝てない人は絶対に見るべきですね。

Rょーへーさんは株を始めた1年目は負け続けていたのですが、その時の経験から「典型的なデイトレ初心者が負けるパターンと理由」について解説しています。

「そうなんだよな…」と思い当たることが沢山ありました。

その上で「勝てるようになった手法」についての解説があるので、「なるほどね!」と腑に落ちるんですよ。

動画内の「デイトレーダーとして長く続けていくのであれば『勝つ』のではなく『勝ち続けなければならない』」は、本当にデイトレの格言だと思います。

以下はこの動画の内容です。

  • 1年間負け続けた手法
  • 勝てるようになった手法について
  • 具体的なトレードの仕方

「今の自分の手法で勝てない」「逆張りで勝てるようになりたい」という方は、是非視聴してみてください!

寄り付き直後のトレード手法|朝デイトレで狙うチャート

ある程度デイトレを経験した方なら分かると思いますが、デイトレのゴールデンタイムは「寄り付き直後から10時くらいまで」ですよね。

それ以降の時間帯は「やることね~な~」と眠くなるほど動かなくなってしまうことが多いですし、大引け前は急落などが起こるなど危険なので、ゴールデンタイムの収支がその日の勝敗を決めると言っても過言ではありません。

ですから、この動画を視聴したときは「おおお!」と感動しました。

 

この動画の内容は以下の通りです。

  • 寄付き直後のトレードの考え方
  • 寄り付き直後のトレードの注意点
  • 鉄板のパターンと具体的なトレード例

特に、鉄板のパターンと具体的なトレード例は非常に勉強になるので必見ですよ!

 

ちなみに、私は「当ブログで紹介した動画だけでなく全動画をコンプリート」していますし、更に「繰り返し視聴する」ようにしています。

1回見ただけでは覚えていないことがあったり、自分のデイトレの経験値によって動画の理解度が違うんですよ!

何度見ても無料ですから、やらない手はありませんよ!

デイトレ塾のもうひとつの使い方

デイトレ塾には、ご紹介したような有益な動画を視聴する他にも、自分のデイトレードに役立つ使い方があります。

それが、寄り付き前の「デイトレ朝の予習ライブ」と「本日の相場振り返り」です。

 

Rょーへーさんは、寄り付き前に今日の相場についての予習ライブを配信するだけでなく、

デイトレ朝の予習ライブ

※ このサムネ画像が目印

大引け後には、今日の相場についての振り返りライブ配信もしてます。

Rょーへーさん 本日の相場振り返り

※ このサムネ画像が目印

 

過去のライブ配信動画はメンバー限定動画になっていますが、リアルタイムあればメンバーでなくても視聴できます。

投資は自己責任ですので「投資判断は自分でする」のが鉄則ですが、その判断をする上で経験豊富なデイトレーダーさんの見解は参考になりますし、大引け後に自分ひとりで反省するだけでなく、「Rょーへーさんがどの銘柄でどんな戦いをしていたか」「その日の相場に対する見解」を聞くと勉強になります。

是非、デイトレ塾を知らなかった方は、チャンネル登録をして動画視聴を習慣にしましょう!

まとめ

最後にRょーへーさんのTwitter・ブログ・YouTubeチャンネルのリンクを貼っておきますので、フォローやRSSへの登録、チャンネル登録をして、発信された情報を見逃さないようにしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

おすすめの記事