マーケットスピード2 デイトレの画面配置

マーケットスピード2は多機能なので、「デイトレするときに使う画面はどれ?」とか「画面の配置はどうすればいいの?」と悩みますよね。

そこで、私がマーケットスピード2でデイトレするときに開いていた画面とその配置(方法)を画像を使って解説します。

自分がデイトレで使う画面と自分のデイトレ環境にあった画面配置を整えるのにお役立てください!

スポンサーリンク

デイトレ中に開いている画面はこれだ!

私はノートPCとサブディスプレイの2画面でマーケットスピード2を表示させてデイトレをしていました。

まずは、実際の画面をご覧ください。

PCの画面配置

マーケットスピード2 PCの画面配置

【画像】マーケットスピード2(楽天証券)

使っているPCがサーフェスプロ5というモバイルノートでディスプレイが小さいので、常に表示させているのはこの4画面です。

  1. 銘柄セレクター
  2. チャート(単体)日足
  3. チャート(単体)5分足
  4. 武蔵

 

ただ、他にも必要に応じて見たい画面があるので、1クリックで開けるようにグローバルメニュー(画面左上のメニュー)に以下の画面を設定しています。

  1. ザラバ
  2. ランキング
  3. 武蔵
  4. チャート
  5. 注文照会
  6. 信用建玉照会
  7. 実現損益

サブディスプレイの画面表示

マーケットスピード2画面配置(サブディスプレイ)

【画像】マーケットスピード2(楽天証券)

23.8型のサブディスプレイには、この4画面を表示させています。

  1. マーケット
  2. 業種別指数一覧
  3. ザラバ情報
  4. ランキング(単体)

 

ザラバ情報とランキングはPCと重複していますが、常に表示させているのはサブディスプレイ側です。

ただ、監視を強化したいときなどに「PCでザラ場情報を開きディスプレイのランキングの画面を大きく広げる」などの使い方をするので敢えて両方ですぐに画面を広げられるようにしています!

マーケットスピード2の画面配置のやり方

ここからは、マーケットスピード2で表示させたい画面をどうやって配置するかについて解説します。

分割表示の配置方法(PC画面)

マーケットスピード2を立ち上げると、ホーム画面ともうひとつ左上にロゴマークと「MARKETSPEEDⅡ」と表示されている画面が開くのですが、後者の画面は分割表示させることで画面を配置することができます。(私がPCで表示させている画面の方)

 

マーケットスピード2 分割表示の画面配置手順

【画像】マーケットスピード2(楽天証券)

画面左側にあるメニュー「マイページ」のどの項目でもいいのでクリックしてください。(上の例は「資産状況モニター」をクリック)

更に画面上の「マイページ管理」という項目をクリックします。

マーケットスピード2 分割表示の画面配置手順②

【画像】マーケットスピード2(楽天証券)

そうすると画面中央に「マイページ管理」という小窓が開きますので、右上の「追加」をクリック。

一番下に新しく表示された「マイページ●●(数字)」をクリックして選択し、右下のOKをクリックします。

マーケットスピード2 分割表示の画面配置手順③

【画像】マーケットスピード2(楽天証券)

何も表示されていない画面が開きますので、「画面追加」をクリックし、自分の好きなが画面を選択して配置しましょう!

ちょっと実際に画面を配置してみますね!

マーケットスピード2 分割表示の画面配置

【画像】マーケットスピード2(楽天証券)

マイページ画面選択画面の中から好きなものを選びます。

マーケットスピード2 分割表示の画面配置③

【画像】マーケットスピード2(楽天証券)

左側のメニュー「チャート」の中の「チャート単体」をドラッグ&ドロップして追加してみました。

画面いっぱいに真っ黒な状態で配置されますが、更に画面を追加することができるので大丈夫です。

全く同じ要領で「マイページ選択画面」のメニュー項目「投資情報」の中にある「武蔵(板)」を追加します。

マーケットスピード2 分割表示の画面配置④

【画像】マーケットスピード2(楽天証券)

更に「銘柄セレクター」を配置すると以下のようになります。

マーケットスピード2 分割表示の画面配置⑤

【画像】マーケットスピード2(楽天証券)

ただ、この配置にできるのは画面右上のメニューの「縦整列」を選択ししているときで、「横整列」にすると以下のように配列されます。

マーケットスピード2 分割表示の画面配置⑥

【画像】マーケットスピード2(楽天証券)

これだと板(武蔵)がの縦幅が短くなり過ぎてトレードしづらいので、この3画面を配置する場合は「縦整列」の方が良いですね。

実際にマーケットスピード2でやってみると分かりますが簡単です。

自分でいろいろ触って一番使いやすい画面と配列にしましょう!

サブディスプレイの画面配置方法

次は「サブディスプレイ」に画面を配置する方法です。

サブディスプレイの画面配置方法①

【画像】マーケットスピード2(楽天証券)

やり方としては分割表示のときと同じ「マイページ画面選択」の画面で表示させい画面を選択し、サブディスプレイの画面までドラッグ&ドロップすればいいだけ!

サブディスプレイの画面配置方法

【画像】マーケットスピード2(楽天証券)

先ほどの分割表示の「縦整列」「横整列」のような配置の制限は全くありませんので、ディスプレイの好きな位置に画面を好きな大きさに調整して配置してください。

サブディスプレイの画面配置方法③

【画像】マーケットスピード2(楽天証券)

また、画面右側の黄色の四角の中の赤い矢印のところを見ると分かる通り、画面を重ねて表示することも可能です。

私のようにサブディスプレイ1枚でデイトレしている方は、重ねて表示させることで多くの画面を開いておくことができますよ!

マーケットスピード2をデイトレしやすい画面配置にしよう!

マーケットスピード2が他社のツールより優れているところは「デイトレに役立つ情報量が多いこと」です。

この記事に出てこなかった画面にも本当に便利なものが沢山ありますので、週末など時間のあるときに拘って画面配置をしてみてください。

めっちゃ楽しいですよ。
沼ですけどね(笑)

スポンサーリンク

コメントを残す

おすすめの記事